おまとめローン詐欺とは

2012-06-15 15.17.02-68

おまとめローン詐欺をご存知ですか?
カードローンやキャッシング、クレカショッピングなど、いろいろなところから借金をして、月々の返済すらままならなくなります。
そうなったときにおまとめローンで借金の1本化を目指し、楽になりたいと誰もが思うかもしれません。もちろん、首が回らなくなる前に危機を察知し、おまとめローンを選択する人もいるでしょう。
でも切羽詰まってからじゃないと本気で動こうとしない、一説にはそれが日本人の特徴でもあるみたいですよ。

話はそれましたが、そんな切羽詰まった状況になると、おまとめローンの審査はほぼ通らなくなります。あまりに債務が多ければ、返済能力が無いと見なされてしまうからです。
もしお金を貸したあとに自己破産でもされたら、おまとめローンの会社にとっても大きな損失ですからね。
おまとめローンが通らない、どうしよう!と気持ちは焦るばかり。ますます追いつめられた人は藁をもすがる思いで、お金を貸してくれる会社をなりふり構わず探し始めます。
そうなったとき、お金を貸してくれる会社がちゃんとした会社なのか、そうでないのか考えなくなります。すると、運の悪いことに、お金を貸してくれる会社が見つかってしまうんですね。
運が悪いことに、というのはそれが悪魔との契約だからです。

おまとめローン詐欺の手口は種類が複数ありますが、たいてい「保証金詐欺」「貸します詐欺」「紹介屋」といった呼ばれ方をします。
保証金詐欺というのは、おまとめローンの申し込みをしてきた人に、信用調査のためとかいった名目で、既に借りている会社とは別の会社に借り入れを申し込ませ、もし借り入れできた場合、その借りたお金を証拠金として申し込んだ会社の口座に納めるよう指示されます。

文字でこのように書くと、だまされるワケないじゃないかと思うかもしれませんが、精神的に追いつめられた状態では、人は正常な判断ができません。一種のパニック状態で、お金を借りられるなら、新しく借りたお金なんて安いもんだと思ってしまいます。これは本当です。

お金が借りられなくなった時点で電話がつながらなくなり、その時我に返ってようやく詐欺だと気が付くのです。
「貸します詐欺」も同じ要領で、入会金とか保証金などの名目で金銭を要求し、送金させた後連絡が取れなくなるものです。
「紹介屋」はうちではまとめられないけど、他のとこを紹介するから、紹介料をくださいといって金銭をだまし取る詐欺ですね。
当然のことですが、このように詐取されたお金は絶対に戻ってきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です